SSブログ

4/30 「悩む」こと [思うこと]

 「悩む」ことは、後ろ向きなことなのだろうか?

 昨日、テレビで”高次脳機能障害”の人のことをやっていた。その人の”障害”は「悩まないこと」。事故で頭を打って、そうなった。その人はいつもニコニコしている。なぜなら「悩まないから」。いや、「悩むことができない」から。

 「悩まない」とはどういうことか。それはつまり「未来を予測することができないこと」らしい。人間は、将来を予測するときに、悩む。過去の失敗などを思い出し、「もしまた、あんなふうになったらどうしよう……」というふうに。過去を思い出し、それを使って「予測する」という、脳のある部分の機能が傷つくと、悩まなくなる。

 「悩まないこと」は、一見すると羨ましい。特に心配性な僕にとっては。でも、その番組で、医者がこんなことを言っていた。「ただ単に悩まないで笑顔でいるのと、悩んだ末にそれを乗り越えて笑顔になるのでは、深みが違う」と。

 「悩む」ことは過去にこだわって、後ろ向きな考え方のように思えるけど、どうも違うみたいだ。未来を予測するから、悩む。つまり思考は未来へ向いている。確かに。将来がどうでもよければ、悩まない。将来を素晴らしいものにしたいから、悩む。それはきっと前向きなことなのだろう。

 「悩まない」ことは一見すると幸せそうだ。でも実はとても辛いことなのかもしれない。

今日の勉強の記録

  1. 修士論文下書き(38,513字)
  2. 『世界遺産①』(姫路城他)
  3. 「志」(小論文)

nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 1

toorisugari

たまたまお邪魔しました。
読んで涙がでてきました。
励まされました、ありがとう。
by toorisugari (2007-07-23 07:06) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます